ギャンブルの話、ポーカーやカジノについて

a compulsive gambler

賭博

tobaku

日本ではギャンブルは禁止されている。これは賭博罪に当たるものであり、賭博をしたものは50万円以下の罰金をとられる。
しかし、ビンゴゲームのような片方だけがゲームに負けてもリスクを追わないものはギャンブルには当てはまらないため、賭博罪は適用されない。

賭博罪が適用されるのは胴元及び参加者の双方に負けた場合何らかのリスクを背負う状態になるものが賭博行為になる。なお、勝敗が胴元もしくは参加者といった当事者による不正行為で勝敗が支配されている場合は賭博罪ではなく、詐欺罪に当たる。

また、一時娯楽のために消費するのならば賭博罪は適用されない。具体的には食事や、喫茶と言ったものだ。しかし、金銭そのものは一時娯楽に供するものではないので金銭事態のやりとりは賭博罪に当たる。

公営

日本ではギャンブルは違法だが、地方自治体の主催で行われるギャンブルは公営ギャンブルとして行なわれている。なのでここでは賭博罪は適用されない。しかし年齢制限があり、公営ギャンブルは20歳以上でなければ購入、譲受できない。
公営ギャンブルは大きく分けて2つある。公営競技と公営くじだ。公営ギャンブルの収入の一部は国庫に納められ、公営ギャンブルそれぞれには監査官庁がある。

日本で行われている公営ギャンブルと監査官庁は、公営競技で競馬(農林水産省)、競輪(経済産業省)、競艇(国土交通省)、オートレース(経済産業省)となっている。そして公営くじではスポーツ振興くじ(文部科学省)、宝くじ(総務省)となっている。

海外

kaigai

海外では賭博行為が合法の国と非合法の国に分かれている。中でもイスラム圏では宗教の戒律上賭博は禁止であり、ギャンブルはゲームとして行なわれている。競馬は存在するが、金銭のやりとりはなく、掛けた馬があたった場合は金銭ではなく景品がもらえるという仕組みになっている。

しかし、イスラム圏内でも脱宗教家の進んでいる国ではギャンブルは行なわれている。



外部リンク

インターネットカジノで勝つ方法を知るならオンカジナビの情報を参考にしてみてください。ここなら詳しくルールを理解できます。

ニュース

2013/10/15
起源
2013/10/15
日本
2014/01/20
麻雀
2014/01/31
スロット